季節毎のルアー選び

釣り日和

季節毎の魚の動きを知り、ルアーを使い分けて成果を上げる方法

釣りをする際、目的とする魚がとる季節ごとの行動を知り、それにあわせてルアーも替えることで成果が上がると言われています。
バスフィッシングを例に挙げると、ブラックバスの産卵時期とも言われている春は、3月から4月上旬にかけては三寒四温の影響からブラックバスの動きも鈍い為、ポーズを入れられるサスペンデット等が良いとされています。
4月下旬から6月頃になると水温が上昇しブラックバスも動ける様になるので、ファーストムービング系のスピナーベイトやクランクベイトが推奨されています。
夏場のブラックバスは、酸素量が多く涼しい日陰(オーバーハング等)を好むので活性が低くなります。
夏の朝夕はトップウォーターでも釣れます。
ブラックバスが快適に過ごせる秋は、広範囲に釣れるスピナーベイト、クランクベイト、ビックベイト等が有効です。
冬は水温も低下しブラックバスの活性も低下し深場に移動すること等から、ブラックバスを釣るのには難しい時期です。
ブラックバスの動きも鈍いことから、鉄板系のメタルバイブ、メタルジグ、リアクションバイト等が有効です。
対象魚の季節毎の動きや特性を理解してルアーの使い分けをすることで成果が上がるのです。

これで釣れる?!ブラックバス!季節ごとのルアー選択

人気のあるブラックバス釣りでの季節ごとのルアー選択を紹介します。
ルアー釣りでやはり大切なことは、ベイト(エサ)に合わせるということです。
四季を考えたとき、あなたが釣りをする湖・川・池はどんな状況でしょうか?その状況を観察し、マッチザベイトを意識すると、おのずと魚が釣れるようになります。
ここではブラックバス釣りで有名な琵琶湖を例にとって紹介します。
琵琶湖では春になると小鮎が川に向かって泳いでいくので、小鮎が大好きなブラックバスはその小鮎の動きを追って行動します。
夏になると水面の虫を捕食するためブルーギル等が水面に浮くようになり、ブルーギルを食べるブラックバスも水面付近に現れます。
秋には川から鮎が琵琶湖に戻ってくるため今度は春よりも大きいサイズの鮎を捕食することになります。
冬はワカサギといった魚が現れ、ブラックバスのエサとなります。
このようなブラックバスのエサとなる魚の動きを季節を通して考えると、釣れる場所、使うルアーはおのずと決まってきます。

pickup

大阪 医療脱毛

2018/4/5 更新

COPY RIGHT (C) 釣り日和 ALL RIGHT RESERVED